職場が合ってないと感じたら

医療に関わる職種は人手不足の為求人を募集している所が多いです。自分の働く職場が合わないと感じていたら思い切って職場を変えてみるのも一つの手ですよ。最近では、ネットを利用して、転職先の職場を検索する事が可能です。また、検索サイトも医療関係でも、歯医者なら歯科医師求人、看護師なら看護師求人というように特定して決めて検索すると、探しやすくなります。

歯科や医療事務の求人で選ばれやすい施設ランキング!

履歴書
no.1

社員数の多い施設

転職する場合、社員数の数が一番重要になってきます。医療事務の場合は、患者情報の事務処理が仕事のメインになりますが、社員数が少なく患者の来院数が多い場所だと、事務処理と合わせて受付や会計の業務もこなさくてはいけません。また、仕事も分業化されているので、一つの業務に集中して取り組む事ができます。また、社員数が多いと経験年数が少なくても、教育係などを立てて業務の指導も行う余裕があるので、働きやすい職場といえます。なので、1位にしました。

no.2

個人で経営する施設

例えば、歯医者を個人経営しているところは小規模なので、大きな施設のような忙しさがあまりなくアットホームな職場が多いです。また、歯科医師や医療事務側も患者情報の管理がしやすい良さがあります。しかし、忙しさは施設の立地条件や職員数によって決まるので、選ばれやすいランキングの1位の理由よりは少し弱いので、2位になりました。

no.3

介護施設や調剤薬局

最近は、病院やクリニックの他にも、介護施設関連や調剤薬局でも医療事務は働く場所を広げています。しかし、介護関連で事務を行う場合は、介護制度の知識が必要になってきます。これから需要が増えてきているという理由で、3位になりました。

アルバイトに特化したサイトも

医師の仕事は多くの場合、正社員採用の所が多いです。しかし、求人サイトの中には、アルバイトに特化したサイトも存在します。色々な職場でバイトとして働きたいという人や毎日の勤務が難しいという人に嬉しい求人サイトです。

歯科医師などの転職方法|最近流行りの求人サイトの選び方

採用通知

サイトを選ぶには

医療系の求人サイトは分野が細かく分かれており、その分普通の求人数よりも数が多いのが特徴です。求人サイトを選ぶ場合は、医療に理解がある人がコンサルタントを務めるサイトを選びましょう。逆に理解の薄い人だと希望の職場に就くことができない可能性があります。専任のコンサルタントがついてくれれば、自分に合う職場を紹介してくれることはもちろん、希望条件で働けるように交渉までしてくれるケースもあるのです。

良い求人サイトを選ぶときのポイント

  • 希望の地域に対応しているか
  • 守秘義務を守れるか
  • 退職サポートをしてくれるか

広告募集中