HOME>ホットトピックス>若い人だけじゃない!中年の方でも応募できる介護求人

人手不足の介護職

少子高齢化社会で年々需要が高まる介護職ですが、一方で仕事の大変さから転職を考える人も少なくありません。介護の現場は人手不足の所が多く、また仕事内容も多岐に渡るからです。転職を考えている人は、次の転職先に向けて自分自身を少し変えていく必要があります。そうすれば、転職を成功させられるでしょう。

転職を成功させやすくなるコツ

  • 自分の働き方を明確にする
  • 自分がどうなりたいのか決める
  • 資格を取得する
  • 会社の規模を確認しておく

若い人だけじゃない!中年の方でも応募できる介護求人

女性

シニア世代も活躍できる

介護職の良い所は、年齢制限をあまり設けていない所です。最近では、定年退職後の方を対象にした求人も増えています。体力的な問題はありますが、シニア世代の人は若い介護職の人よりも、利用者の人と世代が近いので、コミュニケーションが取りやすい利点があります。介護職はコミュニケーション能力が大事なので、シニア世代でも十分活躍できる職種といえます。

求人を探す時の注意点も知ろう

車いす

業務内容

求人情報は、業務内容が書かれているのが当たり前です。業務内容を見て自分に合っているのか考えて決めるようにしましょう。しかし、業務内容がザックリとしか書かれていない職場だと、実際入社した時に、自分が受け持つ仕事とは違う仕事を任されたりする場合があります。そういう職場を見つけたら、問い合わせてみるのもいいでしょう。

給料について

仕事をする上で給料は大切です。毎月の給料の額ばかり見ていると、その他の昇給や賞与を見逃しがちになります。元々の給料が高いと、その他の手当て額が少ない場合があります。給料の額を重要視している人は、昇給や賞与の有無を確認しておきましょう。

従業員数

従業員数の少ない施設に就職してしまうと、一人あたりの仕事の量が増えてしまう可能性があります。なので、求人票を見る時は、従業員の数をしっかりと確認しておきましょう。夜勤などのシフトが組まれても負担が多くかからないようにするには、働いている人の数も大事です。人を募集しているとはいえ、極端に少ないと続けにくいので覚えておきましょう。

広告募集中